So-net無料ブログ作成

SeventH-HeaveN [雑記]

打ち勝とうとする自分、変わろうとする自分。孤独な自分。
メインブログでは何度か触れている自分の心の障害。
適応障害と診断されたが、人によってはそんなの病気じゃない
と断言する。ではいったいこの自分が自分ではないような
気分は何だというのか。日常生活はできる。
心臓だって動いてるし、息だって意識せずともできる。
生きてはいる。ただ職場の事や仕事のことを考えると何もできない。
社会人として仕事をしてもう10数年にもなる。
こんなことは今まで無かった。だからどうしていいか分からない。
だけどわかることがある。
自分の部屋の天井を眺めていてもなんにもならない。
自分から殻に閉じこもっていては身動きがとれない。
だから歩き出した。自分にはどうすることもできないから
病院に行って、薬をもらって、会社に相談して。

休職の選択も容易ではなかった。
金銭的な問題もあるし、家に居たって解決はしない。
気分転換にと髪の色を変えた。赤くしたくて、でも結果は淡茶。
なぜ赤くしたかったか、は…好きな色ってのもあるし
運命の糸も赤いっていうし、なんらかの好転を期待した。
次に部屋の模様替えを始めた。現在進行形だが、やっぱり
何かを変えたかった。物の位置を変えて、掃除して、綺麗にして。
それもやっぱり変わりたいという自分の意識の表れだと思う。

先日、医者が症状が良くなっていると言った。
悪夢を見る頻度が少しだけ減ったと話しただけ。
1日からつけている見た夢を綴った日記は11日時点で
9日分埋まっている。見なかった、もしくは目が覚めて
内容を覚えていない日があったのは、新たに家族を迎えた
2日間だけだ。それはそれで良いことかもしれないが
今日になれば夢も見たし、悪夢も見たし、夕食後にふと
仮眠をとろうと思っても体が休んでいるのに脳が起きている。
家族の話し声は聞こえるし、自分の現状を何だかなぁとも
思えた。やはり寝るには睡眠薬を必要とする自分がいる。
自分が良くなる努力はしている。変わろうとしている。
結果はまだわからない。良くなっているのか、悪くなってるのか。

自分の部屋で座り込んで天井を眺めている時間が一番落ち着く。
天井にはなにもない。白い壁、白い天井、シンプルな照明。
でもなぜか見上げているだけで落ち着く。
医者は言った。無理に気分を変えようとする必要はないと。
出たくもない外出をする必要はないと。
今自分がしているのは全く逆のこと。
結局は家にいた方が落ち着くのだけど、でもやはり焦る。
だから夢も大抵何かを無くしたり、焦ってる夢をみる。
困ったね、なにをしてるんだろう。
焦って転んで泣いているだけかもしれない。
救いの手など差し伸べられはしないのに。
どれだけ頑張れば光は差すのか。
私はただ変われる日だけを願い望んでいる。

nice!(7)  コメント(0) 

nice! 7

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。